風俗知事よりも南越谷

  • 投稿者 : 積み木
  • 2012年12月7日 10:37 AM

絶対に許してやらないわ。「電話を貸して」キャンディはダフ二の目つきが気に入らなかった。キャンディの魅力が突然に消え失せたような顔をしている。ダフニは電話を指さした。「私はこちらのお客様のお相手をしていますから」同情するようにそう断る。とてもじゃないが南越谷というキャンディはどさりと椅子に腰を下ろし、リチャードのオフィスに電話をかけた。アデレード・マーフィーが電話を取った。「ミスター・ウォルシュのオフィスです」「あの役立たずに代わって、アデレード」キャンディは挨拶もなく小さな声で言った。南越谷 風俗のような「それから、会議中だなんて言い訳はしないでちょうだい」「あいにくですが、ミセス・ウォルシュ」秘書とのロマンスなどの誘惑に駆られないようにとキャンディが勝手に選んだ、垢抜けない年配の女性秘書が答えた。「ミスター・ウォルシュは出張に行かれました。お聞きになっていらっしゃらないでしょうか」キャンディの掌に汗がにじんだ。「出張って何の?」「存じません。テキサスの依頼人と会う用事があるとおっしゃって。すべてご自分で手配なさいました」ダフニがちらりとこちらを盗み見た。キャンディは平静を装った。「わかったわ。行き違いがあったみたい。こちらで調べます」そう言って電話を切ると、受話器を握ったまま、しばらく前を見つめていた。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。